バラ育成初心者1年計画

バラが咲いた

5月20日ごろから、バラが咲きだした。

咲いたバラは、バラ育成初心者1年計画から咲いたバラ を見てやってください。

実施

5月

病害虫駆除:

  • 5月初め頃にオルトランを根元に散布。
  • 黒星病予防にサプロールを散布1回散布。
  • 虫よけにスミチオンを1回散布。

その他:

  • バラのてを施す。
3月から4月 育成期に行った事

4月18日

追肥:化成肥料を株の周辺に施す。(4月初め)

剪定:4月初めごろから余分なシュートをカット。葉がちじむ(まるまる)様になるので、その葉を摘む。

病害虫駆除:新芽の葉がちじんで黒い点が現れたので黒星病?と思い、サプロールを散布

12月から2月休眠期に実施した事柄

12月20日
病害虫駆除:石灰硫黄合剤を散布

2月8日
冬剪定を行う。各バラ、30cm~50cm程度でカット。

元肥:油かす、骨粉、牛フンを混ぜ周囲30cm離れたところに深さ15cmの溝を掘り与える。
(花壇の盛り土が少ないためあまり掘れなかった。)

病害虫駆除:石灰硫黄合剤を散布。

計画

6月に植えたバラが病気がちで、いま一つうまく育っていない様に思われるので、しっかり育てるために年計画を立てる事にした。
育てるバラは、芳純とオーバーザレインボー。

12月から2月 休眠期

元肥:油かす、骨粉、牛フンを樹の周囲30cm離れたところに深さ20cmの溝を掘り与える。

冬剪定:2月。残っている葉は全て取り除く。枯れ枝や細い枝、内側に向いている込み入っている枝は元からきる。冬選定参考

病害虫駆除:石灰硫黄合剤を月1回。

3月から4月 生育期

追肥:3月末ごろ化成肥料。

剪定:葉かき。1ヶ所からいくつも芽が出た場合は、中心の良い芽を残して摘み取ります。その他貧弱な芽や不必要な芽も取り除きます。

病害虫駆除:ケムシ、アブラムシ、うどん粉病注意。

スポンサーリンク

コメント

  1. 蒼うさぎ より:

    薔薇は、世界中の人々が憧れる花であり、利用度もただの観賞用だけでなく、さまざまな分野があるとTVで紹介されていました。興味があったのは、有機栽培(無肥料)の薔薇の花を特殊な方法で花の形のまま、乾燥させ、粒砂糖をかけ、それをデコレーションケーキのトッピングに使うものです。ケーキがゴージャスになりよかったです。
    また、手に触れるごとに色彩が変わっていく薔薇の花。七変化だそうです。
    そんな薔薇作りはたいへんそうですね。でも綺麗に咲き誇った時の感動はきっと素晴しいのでしょうね。

    • ぶる より:

      薔薇の乾燥方法、Webのどこかに書いてあるのを見たように思います。時間があればまた挑戦します。
      薔薇は害虫がよく付くらしいからその辺が大変そうです。次、綺麗に咲いたら写真アップします。こうご期待を!